Share on Facebook

日本行政書士会連合会主催の「申請取次事務研修会」出席のため名古屋に一昨日から行き、昨晩遅くに戻りました。行政書士は外国人の方の本邦在留資格の申請、更新、変更に関する書類作成の代行が出来ますが、「申請取次行政書士」としての登録をすれば、これらの書類の入国管理局への提出まで代行出来るようになります。一連の在留関係の手続の多くをお手伝いすることになるため、入管業務に関しての一定の知識が必要になり、行政書士会や入国管理局が研修受講と効果測定試験を課しています。
研修には北は北海道から南は鹿児島まで220名余りの先生方が参加されていたそうです。昨日午前10時半から午後5時過ぎまで、講義が長引いて休憩時間が減らされるなど、少々ハードなスケジュールでしたが、無事研修受講と効果測定試験をこなして来ました。